2017韓国ライブ「素敵な冬の日」ライブレポート大公開!

  • LINEで送る

 韓国の国民的シンガーソングライターのイ・ジョクが、昨年の12月30日()と31日(日)の2日間にわたり、単独コンサート「素敵な冬の日」をソウル・コエックスのホールDで開催した。

 ’95年に幼馴染のラッパー、キム・ジンピョとのデュオグループ「パニック」でデビューし、’99年にはソロ活動を開始。これまで20年以上に渡って数々のヒット曲を生み出してきたイ・ジョク。同業者であるアーティストからの信頼も厚く、韓国ではその名と曲を知らぬ人がいないほどの人気アーティストである彼は、同年12月に韓国で4年ぶりの作品集をリリースしたばかり。年末ながらも2017年初の単独コンサートとなる本公演のチケットは2日間ともソールドアウト。「フェスやイベントには出ていたんですが、コンサートは13ヶ月ぶりになります。来てくれてありがとうございます」と深くお辞儀をし、「明日はないという覚悟で最善を尽くしたい」と規模の大きいホールでのコンサートに対する熱い意気込みを語った。

 満員の観客を前に、ノスタルジックなバラード「かたつむり」や昨年の12月に4年ぶりにリリースした新曲「素敵な冬の日」、ソロデビュー曲で本国では雨の日にラジオで必ずかかるスタンダードナンバーとなっている「Rain」、ワイルドなロックナンバー「空をかける」などを熱唱。歌の巧さだけで聴き手を感動させることができる圧巻のステージングに大きな歓声と拍手が沸き起こり、自身の思い出を投影できるヒット曲の連発に観客は酔いしれた。

 また、総勢10名によるバンドをバックにしたライブの中盤では、派手な演出と照明、アレンジから一転し、シンプルなアコギの弾き語りで「嘘嘘嘘」やドラマ『恋のスケッチ~応答せよ1988~』の主題歌「心配しないで君を」を情感豊かに歌いあげ、オリジナルのピアノによる弾き語りで代表曲「よかった」を披露。「心の中にある闇、憂鬱やダークなところを書いた」という「何が見える」「病気」を含め、恋愛における喜怒哀楽を表現した構成となっており、ドラマチックでエモーショナルなバラードはもちろん、エレクトロファンクやラウドロックまで幅広いジャンルを軽々と歌いこなし、2日間で12,000人の観客を魅了した。

 アンコールでは、リリースしたばかりの新曲「羅針盤」を静かに訥々と歌い、「仕事や生活が辛かった時に誰のことを思い浮かべるのか――。恋人、家族、仲間……。僕にとっては、ライブ会場に足を運んでくれた皆さんが、僕の羅針盤になってくれています。音楽をやっていて疲れたときや、どんな曲を書いていいか迷ったとき、みなさんが僕の力になります。是非、次のライブでお会いできればいいなと思います」と観客に語りかけた。最後は、紙吹雪が舞う中でパニック時代のヒット曲「左利き」でフロアを盛り上げ、「君と」を観客全員で合唱。巨大なLEDスクリーンに映し出された光のドアが開き、計22曲で2時間のステージは閉めくくられた。

BACK

©2018 PONY CANYON All Rights Reserved.